有料レジ袋という間違い

レジ袋を有料にしてお茶を濁して免罪符にするのは間違いです。

駐車場を有料にすれば圧倒的に効果が出ます。
それをしないのは、既存の産業経済を変えず、既成事実を維持したいからです。
つまりは二酸化炭素排出を続けたいわけです。
環境省がたとえどんなに努力したところで、縦割りですから、別の所管に影響することを勝手にはやれません。だから、お茶を濁すばかりなのです。

レジ袋の削減は、二酸化炭素排出問題の解決にはなりませんし、マイクロプラスチック問題の解決としても本質的には効果がありません。

レジ袋を有料にすると、自家用車を持てない人に対して、二酸化炭素排出削減に貢献しているのに、贅沢をしていない恵まれていない立場なのに、負担を押し付けていることになります。

レジ袋削減とか有料化とかいうと、「エコバッグ」を濫造してお金を稼ごうというビジネスを助長します。そのことでかえって、資源を浪費し、二酸化炭素を排出しています。
御存知の人は多いでしょうけれど、「エコバッグ」の効果がレジ袋(プラスチックバッグ)を上回るには、とても多くの回数にわたり使い続ける必要があります。それよりも、レジ袋を再使用するほうが簡単です。

それに、ゴミ袋には未だに、プラスチックをつかうことが一般的ですよね。
専用の市町村指定有料ゴミ袋を売るよりも、レジ袋をゴミ袋に再使用したほうが、二酸化炭素排出削減効果が高いはずです。

日本人はだまされています。日本はだましています。
レジ袋の削減だとか有料化だとかいうような、つまらないことを国民に押し付けて頑張ってやらせて、社会システムを直しません。
国民は頑張ったつもりになり、気分はよくさせておいて、実際には二酸化炭素排出を続けるのです。
そうして、既存の社会システムをあらためることを避けて、いままでどおりに排出を続け、滅んでいくのです。死ぬのです。

つまりは、今までどおりの社会システムという「手段」のために、生きていくという「目的」を犠牲にしているのです。「保守」とはこうした性向です。